朝、起きられない「起立性調節障害」にキリツテインは本当に効果があるのか?

目安時間:約 9分
朝起きられない

「起立性調節障害」と言う病名があります
「起立性調節障害」に「キリツテイン」は効果があるのでしょうか?
 
キリツテインの効果の上げ方
 

起立性調節障害ってどんな症状なんでしょうか?

 

  • 朝起き不良
  • たちくらみ
  • 失神
  • 動悸
  • 倦怠感
  • 頭痛

 
思春期に好発する自律神経機能不全の一つです
 
立ちくらみや倦怠感や頭痛があれば、誰でも朝、起きにくいですし、今日は寝ていようとなりますよね
 
心身共に健康な方ならば1日で症状は消えていき、次の日は元どうりの生活に戻れますよね
 
でも「起立性調節障害」(OD)は毎日、もしくは頻繁に具合が悪くなって生活に支障が出てきてしまうんです
 
思春期に多い病気なので、不登校の原因にもなり、心配です
 
朝起きられない
 
 

読売新聞(ヨミドクター)の1/15の記事より
 
「起立性調節障害」は自律神経の不調が原因
ODは、横になった状態から立ち上がる起床時に、症状が出やすい。
 
健康であれば、立ち上がると、血液は重力に従って下半身に移動するが、自律神経の働きで下半身の血管が収縮し、上半身に戻るようになっている。
 
ところが、自律神経のバランスが崩れると、このメカニズムがうまく機能しなくなる。
脳へ流れる血液が不足し、疲れやすくなったり、めまいを起こしたりする。ひどいと倒れてしまうこともある。
 
患者は小中学生に多く、遅刻や不登校につながることもある。
実際、不登校の児童・生徒の3~4割にODの症状があるとされる。

 
 

「起立性調節障害」の概要

 
 

有病率⇒軽症例を含めると、小学生の約5%、中学生の約10%。
重症は約1%。
不登校の約3-4割にODを併存する。

性差⇒男:女 1:1.5~2
好発年齢⇒10~16歳
遺伝・家族性⇒約半数に遺伝傾向を認める

↑日本小児心身医学会より抜粋

 
 

病院ではどんなことで病気と診断するのでしょうか?

 
疑問
 

日本小児心身医学会より抜粋
 

診断方法

 
1)立ちくらみ、失神、気分不良、朝起床困難、頭痛、腹痛、動悸、午前中に調子が悪く午後に回復する、
食欲不振、車酔い、顔色が悪いなどのうち、3つ以上、あるいは2つ以上でも症状が強ければ起立性調節障害を疑います。
 
2)鉄欠乏性貧血、心疾患、てんかんなどの神経疾患、副腎、甲状腺など内分泌疾患など、基礎疾患を除外します。
 
3)新起立試験を実施し、以下のサブタイプを判定します。
(1) 起立直後性低血圧(軽症型、重症型)
(2) 体位性頻脈症候群
(3) 血管迷走神経性失神
(4) 遷延性起立性低血圧
 
(近年、脳血流低下型、高反応型など新しいサブタイプが報告されているが、診断のためには特殊な装置を必要とする。)

 

 

思春期に発症する病気

 
思春期
 

他にも思春期に発症する病気は多いです

摂食障害、思春期うつ病、統合失調症、思春期妄想症などがあります
 
「起立性調節障害」は骨折などの様に目に見えるものでは無い為
問診・医師の経験に頼るところも大きいですね
 
反抗期でもある思春期ゆえに医師も判断がつけにくいところではあります
 
 

「キリツテイン」は効果があるのでしょうか?

 
キリツテイン
↑画像クリックでキリツテイン直販店へジャンプ
 
 
キリツテインには効果があるという情報は多いです
例えばこちらのキリツテインを解説してある記事では
キリツテインにしっかりとした効果があるということを語っていますが
本当に効果があるのかないのか?知りたい人は多いんじゃないでしょうか?
( '-'* )?
 
 
そんな、キリツテインに効果があるのかどうか心配な人も大丈夫!
サプリなので、劇的な効果はないですが、成分を見ても十分、効果はあります
 
テアニン、高麗人参、ヘム鉄、亜鉛と入っている成分は ストレスを和らげてくれ、活力を与えてくれるものばかりです
 
国産の安全なサプリですので、副作用の心配が無いです
1日4粒をお水で飲むだけです
 
朝起きづらい「起立性調整障害」のお子様向けに考えらたものですので漢方薬と思ってお試しする価値はあります
 
詳しい成分については下記をご覧いただければ幸いです

 
 
詳しいキリツテインの効果については
キリツテインの効果を調べてあるこの記事を見ていただければ詳しく分かるのですが
キリツテインは本当に効果が期待できる優良サプリですよ!

加えて家族の接し方はとても大事(実経験で知り得たもの)

 
反抗期
 
子供が朝、起きられずに学校にいけない!
 
親としては辛いとしか言い様がない状況ですね
よく解ります 私も通った苦難の一つですから・・・
 
よその元気な子供が目に入り「なんで?」と辛いですよね
親のほうが具合が悪くなって家庭が暗くなっても何もいいことはありません
 

親に気をつけてほしいこと(体験で気付いたこと)

子供を責めない
「怠けている」「わざと起きないのでしょう」「皆は学校に朝から行くのに」など子供を責めない

 
何よりも辛いのは子供自身です
不用意に子供にあたっていると、違う病気を引き起こす危険があります
悪循環の元は作らないようにお願いします
 
思春期は、病気の面では摂食障害、思春期うつ、リストカットなど発症しやすい年齢
生活面では、家出、援助交際など携帯からいくらでも誘惑があります
 
子供が家で安心して過ごせる様に、難しいことではありますが心して気をつけましょう
 
がしかし、子供と会話は常にしておき、午後からでも学校に行った、学校で体調が良くなった
朝気持ちよく起きられたなど、良いことは共に心から喜びましょう
 
日常何気ない会話は常にしておき、口から出た言葉の奥にある子供の心の声を聞き取りましょう
 

起立性調整障害は治る

起立性調整障害は治ることは、調べれば、すぐ解ります
治らない病気が多い中、治ることは幸せなことです

 
今しばらくの期間、腹をくくり、受け入れ、開き直りましょう
家庭は明るくするよう心がけましょう
意外と、それが回り道のようで、回復への早道です
大人になって「こんなこともあったなあ」と笑い話に変わりますよ
 

 

「キリツテイン」サプリを飲むこと+家族の接し方に気をつけて子供の不調を乗り切りましょうね

 
 

キリツテインの直販店はこちら

とにかく朝が辛そう!そんなお子様に【キリツテイン】

 
キリツテイン
↑画像はキリツテイン直販店です
 
 
↓参考記事です

 
 
 
 
 
    

この記事に関連する記事一覧

comment closed

トラックバックURL: 
人気記事
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

ツールバーへスキップ